Podcast: Has Notre Dame Upgraded It’s Coaching Staff So Far and How Do They Finish It Off?

Frank and Greg are back this week to talk through the latest developments with the Notre Dame coaching staff as Marcus Freeman works on finishing off his first staff as the head coach at Notre Dame.  The lads discuss: Has Notre Dame improved overall with the four hires so far?Thoughts on the departure for Lance …

The post Podcast: Has Notre Dame Upgraded It’s Coaching Staff So Far and How Do They Finish It Off? appeared first on UHND.com – Notre Dame Football, Basketball, & Recruiting.

Ep. 1003: NBA Finals, Game 3

On Wednesday’s episode of “The Fix,” The Jones recap Game 3 of the NBA Finals. Topics discussed include: Danny Green and Gary Neal 11 (!) three-pointers, LeBron’s shot selection and passiveness, Tony Parker’s status, Spurs’ ball movement, whether Wade thinks he’s still playing the Pacers, and whether Kawhi Leonard is the early frontrunner for Finals MVP.

All that, plus mouthguards, floppy wrists, Sebastien De La Cruz, chants, and more.

DFS Fantasy Basketball Tournament Picks and Playoff Schedule for Wednesday, April 30

Three games on the NBA Playoff Schedule for Wednesday and we have games at FanDuel!  We’ve still got nightly games, but as these series wrap up there won’t be enough games to play FanDuel every night, so definitely try these daily games out now before the season ends.  Also, FanDuel has daily fantasy baseball games […]

仲間や社会を想い創り続ける。エクアドルのチョコレートメーカー「リパブリカ デル カカオ」の秘密

2022年が始まり早くも2週間。街中もバレンタインシーズンへと移ろいを見せています。

BAKE INC.でもこの時期は各ブランドの商品も焼き菓子の美味しさを引き出すチョコレートを各国から探し、バレンタイン限定の商品としてお届けしています。

BAKEのギフト菓子の代表格であるPRESS BUTTER SANDからは「ガナッシュサンド〈フランボワーズ〉」(以下、ガナッシュサンド)が2022年1月15日(土)に発売されます。

今回の記事ではガナッシュサンドに使用するホワイトチョコレートを生産している、エクアドルのビーントゥバーチョコレートメーカー「República del Cacao(以下、リパブリカ デル カカオ)」のマーケティング担当ベレンさんとシェフのアンドレアさんにお話を伺いました。

きっかけはパリで食べたひと粒のチョコレート

今回発売する「ガナッシュサンド」をはじめ、日本国内でも多くのパティシエやメーカーが「リパブリカ デル カカオ」のチョコレートに注目されているようですね!
ブランドを立ち上げたきっかけについて教えてください。

ベレンさん:エクアドル人である創設者のチリボガ兄弟が2005年にパリのとあるショコラトリーで「世界で一番美味しいチョコレートです」とお店のスタッフから提供されたチョコレートがエクアドル産のカカオから作られたものだったことがブランドが始まったきっかけです。

そのチョコレートを食べたとき「なぜこんなにもおいしいカカオを使ったチョコレートを自国であるエクアドルで生産できないのか?」と考えた2人が「リパブリカ デル カカオ」を立ち上げました。

エクアドルでは土地柄、高地での酪農や低地でのさとうきびの生産など、チョコレートづくりに必要な高い品質の原材料を生産できる環境が整っているということも大きな理由のひとつです。

材料の多くをエクアドル国内で生産する「República del Cacao」

「リパブリカデルカカオ」のチョコレートの特徴はどのようなものですか?

ベレンさん:ラテンアメリカで生産された、カカオ豆、ミルクや砂糖を含めた多くの原材料を使用し、エクアドルでチョコレートへと加工していることが「リパブリカ デル カカオ」の強みです。

もう一つの強みは、カカオ豆の品質にこだわりを持っていることです。

産地特有の味わいを強く感じられるシングルオリジンカカオを使用したチョコレートに加えて、エクアドルだけなくペルーやドミニカ共和国など、南米産カカオをブレンドすることで、気候などに左右されない安定した味わいをもち、マイルドさを出したチョコレートもあります。

今回PRESS BUTTER SANDの「ガナッシュサンド」で使用したホワイトチョコレートはどのようなチョコレートですか?

ベレンさん:今回BAKEの「ガナッシュサンド」には、カカオ豆「アリバ種」のホワイトチョコレートが使われています。アリバ種はファインアロマカカオ(香りが良く、品質の良いカカオ)のひとつなんですよ。

ホワイトチョコレートに使用しているミルクは、雪に覆われたカヤンべ山(標高5,790m)の麓にあるトゥルクチョ村の酪農コミュニティで作られており、口どけがなめらかで、少しバニラのような香りがするのが特徴です。ミルクがラズベリーの酸味をまろやかにしてくれるので、バランスの取れた味わいに仕上がると思います。

チョコレートを生産する上で難しいことはありますか?

ベレンさん:困難というよりは、おいしさのクオリティを保ち続けることに気を配っています。

たとえばチョコレートに使用するミルクは昔ながらの搾乳方法を取り入れている為、その製法を守りながら製品のクオリティを安定させることは容易いことではありません。

また、カカオ豆だけでなく、シングルオリジンのカカオバターも数が少ないのが現状です。

トレーサビリティも徹底し、チョコレートの製造に携わっている生産者の顔が見えることが私たちの強みであると思っています。

「生産者は仲間」。酪農以外の事業にも伴走していく

「リパブリカ デル カカオ」ではサステナブルな取り組みにも注力しているとお聞きしたのですが、具体的にはどのようなことをされていますか?

ベレンさん:私たちは生産者の皆さんを、売り手・買い手ではなく仲間であり、コミュニティだと考えています。

牧草のクオリティを高めるための研修を行ったり、酪農一本で暮らしていくことが難しい小さな村全体の収入を増やすため、ガストロノミーイベントを企画して関係者のコンタクトを増やしたり、紅茶やハーブの栽培も行ったりと、酪農以外の収入も得られるようなシステムを築いています。

共においしいものを作ることだけでなく、仲間のより良い仕事や暮らしにもコミットしているのですね。今回はPRESS BUTTER SANDと取り組むことで、どのようなことを期待していますか?

ベレンさん:今回のコラボレーションによってBAKEさんのクッキー生地と弊社のチョコレート、互いに知識の共有をすることにより、さらにおいしい物を生み出すことができたと信じています。

コロナウイルスの流行が落ち着いたらエクアドルにもぜひ来てほしい。私たちのチームや生産者を紹介したいです!

次は専属シェフのアンドレアさんに質問です。今回発売する「ガナッシュサンド〈フランボワーズ〉」のお味はいかがでしょう?また、ペアリングにおすすめの飲み物も教えてください。


▲左:「ガナッシュサンド〈フランボワーズ〉」を試食するアンドレアさん、右:「リパブリカ デル カカオ」ベレンさん

アンドレアさん:フィリングがとてもクリーミーですね。ラズベリーのしっかりとした味わいをミルクが補完していて、バランスの良いサンドだと思いました。

ペアリングするならレモングラスやベルガモットなど、柑橘系のハーブティーが合うのではないでしょうか。

けれど一番はエクアドルの高地でとれたミルクが合うと思います!(笑)

「リパブリカ デル カカオ」のチョコレートはおいしいチョコレートというだけではなく、社会や環境を大切にしている価値のあるチョコレートだと思っているので、エクアドルならではの味を日本のみなさんに食べてもらえるということが幸せです。

国境を越えたタッグを組むことができて私たちも幸せです。最後に「リパブリカ デル カカオ」の今後の展望について教えてください。

ベレンさん:今後はメキシコ産やブラジル産など、新しいラテンアメリカの国のシングルオリジンチョコレートの開発や、ドバイなど新しい市場の開拓を考えています。

これからも「リパブリカ デル カカオ」は“エクセレンス、コミュニティ、ファインカカオ、ローカルカカオ”の4つの信念を持ちながらおいしいチョコレートを世界に届けていきたいです。

上質なチョコレートの生産だけでなく、仲間の仕事や暮らし、社会ををより良くするための取り組みも続けている「リパブリカ デル カカオ」。

「ガナッシュサンド〈フランボワーズ〉」を通じて、創るところから口にするその瞬間まで、沢山の方の笑顔へと繋がることを願って。バレンタインにはぜひありがとうの言葉と共に大切な方へ届けてみてくださいね。

「ガナッシュサンド〈フランボワーズ〉」の詳細はこちら

写真提供:ヴァローナ ジャポン 株式会社
執筆:屋宜美奈子

Happy Thanksgiving!

Hello sweet people. I hope you’re doing well. We’ve already had some snow at Freegrace and we are so ready to hunker down and get cuddly. But sometimes I have to travel outside of my beloved Vermont and there’s no better reason than to play with my friends at the Today Show. Even better? Getting to conspire on some cake shenanigans with Duff Goldman. We put together a pie cake that we could live with and actually enjoy (because so many of the other versions are abominations).

If you missed it, you can watch the segment and get the recipe here!

My New Breville Oven & an Exciting New Technique for Melting Chocolate

Smart_Oven_Air_Hero_ Hig Res.jpg

It’s been over five years since I wrote about my first Breville oven, calling it the perfectly even oven. My test was to pipe a spiral of cream puff pastry to see how it browned and it was perfectly even.

I have been so enamored of this oven, I have since purchased one as a wedding gift and another to have in my weekend home.

A few weeks ago, I discovered the latest model, the Smart Oven Air. When I learned about the extra features this newer slightly larger model offers I had to have it. And I’m totally smitten! I’ve even put it to use for a newly developed terrific technique, which I will share at the end of this posting. First: here are the new features that I most value:

  • An oven light that can be turned off or on at will (oh joy!)
  • Two oven racks
  • A dehydrating setting and mesh basket (I’ll be using this for my citrus powder)
  • A proofing setting for bread dough between 80°F/27°C and 100°F°/38°C

(I tested it and it holds true to temperature with no more than 3°F fluctuation.)

Now here is my great new discovery: Anyone who has ever tried to melt white or milk chocolate without stirring it constantly, has learned the hard way that it will seed. This is caused by the milk solids in the chocolate. And there is no way of restoring the little specks of hardened milk solids. But, if you heat the chocolate at 100°F/38°C it will melt gradually to be as smooth as silk. In short, you can place it in a container in the Breville, turn it to the proofing setting, set the temperature to 100°F/38°C, and leave it to melt on its own.

Breville BOV900BSS The Smart Oven Air, Silver

Snack Wedding Cake Recipe

Snack Wedding Cake Recipe
Snack Wedding Cake Recipe

The post Snack Wedding Cake Recipe appeared first on Willow Bird Baking.

Tuesdays With Dorie – Double Apple Bundt Cake

Double Apple Bundt

It’s finally Fall!! Really, truly Fall. However, that could be because I’ve been in Pittsburgh for the past week and it hasn’t reached 70 degrees once! I love it! Before we packed up the Yukon and U-Haul for our business trip up North, I sliced this beautiful bundt into 12 little pieces, wrapped ’em in plastic wrap and loaded ’em up for some sweet little road-trip snacks! Perfect once you’re on your 10th (or 21st) hour on the road and ready for a treat! 🙂

The apples, spices and pecans marry together perfectly… just waiting for the cake to scream Autumn. Many thanks to Lynne of Honey Muffin for such a great choice! The recipe is featured on her blog and if you want more Double Apple Bundts, check out the other TWD bakers here!

Photobucket

J & Dad

I think they liked it… especially Dad on the right! 😀

Double Apple Bundt Cake (pgs. 184-185)
Source: Baking – From My Home to Yours by Dorie Greenspan

Photobucket